育毛ヘッドスパ

マイクロスコープで頭皮の状態を確認し、頭皮マッサージ後、最新育毛剤と美容鍼で頭皮の活性化を促します

こんな方におすすめ!
頭皮の状態が気になっている
日頃の疲れをリフレッシュしたい

心地よい空間でリラックスしながら、健康な地肌を 手に入れましょう

育毛ヘッドスパとは?

今、かなりのお客様の悩みである
髪が薄くなってきた
髪の毛が細くなってきた
ボリュームが出ない
将来、ハゲることが心配。。。
このようなお悩みは、年齢を重ねると絶対に起こる問題です。

10年前ではまだわからないことだらけだった髪の毛のこともどんどん解明されてきており、諦めていたお悩みも今なら解決法があるかもしれません。

「健康な髪は、健康な頭皮から」
「健康な頭皮は、健康な体から」
セラピストの資格と、髪のプロである美容師としての知識を活かした独自のヘッドスパであなたの髪の毛をお守りします。

髪・頭皮にお悩みの方へ
プロによる地肌ケア

Natura(ナチュラ)の育毛ヘッドスパは、マイクロスコープを使って頭皮の状態を確認したうえで、頭皮マッサージと次のステップの頭皮ケアを行います。

  1. STEP 1頭皮の状態を整える

    皮脂は活性酸素により毒性の強い「過酸化脂質」に変化
    頭皮は毎日紫外線による炎症やシャンプーのすすぎ残し、皮脂の酸化(過酸化脂質)、カラー剤など様々なストレスにさらされています。
    これらを放置し頭皮環境が良くない状態では、栄養の吸収率も悪く、健康な髪が育ちづらいです。
    そこで、頭皮環境を整え、頭皮を清浄で健康な状態に保つことが、健康な髪を育てる土台作りの第一歩となります。
    活性酸素による頭皮ダメージを抑制
    活性酸素は酸素を吸えば体内でも発生するものですが、これが増えすぎると老化や病気の原因に。
    ビタミンCの172倍もの抗酸化力を持つ美容成分フラーレンを活かして、紫外線などで発生する活性酸素によるダメージを抑制。
    また、毛穴の皮脂汚れや過酸化脂質も抑えます。
  2. STEP 2毛母細胞の活性化

    幹細胞を活性化
    髪が作られる仕組みは、毛乳頭からの指令によって毛根幹細胞(再生能力のある幹細胞)が目覚めて発毛がスタート。
    毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、髪は上へ上へと成長していきます。
    髪の成長を促進
    毛母細胞が活性化することで髪が生まれますが、この成長期は2~6年ほど続き、その後退行期へ移行し、やがて髪は寿命を迎えて抜け落ちます。
    脱毛症はこの成長期の期間が極端に短く成長途中で抜けてしまうため、細く短い髪の割合が増え、次第に薄毛になっていきます。
    薄毛の改善には、健康的なヘアサイクルを取り戻し、髪の成長期をできるだけ長く維持することが重要です。
    機能性ペプチドの働きで新しい髪をつくる
    機能性ペプチドは、新しい発毛のスタートであるサイトカイン※の効果を損なわず高度に精製された合成ペプチドです。
    これにより毛髪の成長期から退行期への転換をリセットし、育毛シグナルの反応を高め、毛根での代謝を活発化して発毛を促します。
    ※サイトカイン…毛乳頭から毛根幹細胞(再生能力のある幹細胞)への指令を活性化させる物質
  3. STEP 3脱毛(FAGA・AGA)対策

    5αリダクターゼの抑制
    脱毛症の原因は加齢や生活習慣、ストレスなど様々ですが、もし原因がAGA(男性型脱毛症)・FAGA(女性男性型脱毛症)だとすると、通常の頭皮ケアだけでは改善することはおそらく難しいでしょう。
    何故ならAGAやFAGAの原因のひとつに、遺伝的に継承されやすい酵素の一種「5αリダクターゼ」が挙げられるからです。
    この5αリダクターゼは男性ホルモン(テストステロン)を脱毛原因物質「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換して毛乳頭を委縮させ、それにより髪の成長が止まり抜けてしまうのです。
    つまり、AGAやFAGAを改善するためには、5αリダクターゼの働きを抑制することが必要です。
    脱毛原因物質DHTの生成を抑える
    植物由来の育毛成分「キャピキシル」と頭皮をダメージから守る「メボウキ毛状根培養エキス」により5αリダクターゼの活性を阻害・抑制し、脱毛原因物質DHTの生成を抑えます。
  4. STEP 4細胞にエネルギーを

    成長期の維持は毛母細胞と毛乳頭次第
    毛母細胞は髪を生み出すためたくさんのエネルギーが必要です。
    頭皮の血流が良好だと新鮮な酸素と十分な栄養が毛乳頭に送られ、毛母細胞を活性化させます。
    この頭皮の血行改善が、ヘアサイクルの成長期を支える重要なポイントです。
    日頃から頭皮の血行改善・血流促進が大切です。
    発毛のエネルギー源
    成長期の毛乳頭周辺では、体のエネルギー代謝に関わる物質のひとつ「ATP(アデノシン三リン酸二ナトリウム)」が増加し、細胞分裂を繰り返す毛母細胞にエネルギーを与えています。
    発毛時のエネルギー源であるATPで直接毛母細胞に働きかけ、頭皮ケアを進めます。
  5. STEP 5加齢による薄毛・白髪にも

    17型コラーゲンの不足
    人は年齢を重ねると薄毛や細毛の悩みが増えてきます。
    その多くの原因は「サイトカインの不足」と「17型コラーゲンの不足」です。
    特に老化などで17型コラーゲンが分解され減少してくると、髪の原料を生み出す毛根幹細胞の維持が不可能となり、新しい毛が生成されなくなり、毛根幹細胞自体が消失します。
    つまり、17型コラーゲンは毛根幹細胞を維持するために必要不可欠なのです。
    糖化
    「糖化」とは、過剰に摂取したブドウ糖や果糖がたんぱく質と結合し、AGEs(糖化最終生成物)という老化原因物質を作り出す作用のことです。
    活性酸素による細胞の酸化を「身体の錆」と呼ぶのに対し、糖化は「身体のコケ」と呼ばれており、AGEsは体外に排出されず蓄積されます。
    この現象は年齢を重ねるほど顕著に現れ、様々な病気の原因とも言われます。
    頭皮においてはAGEsが毛乳頭の働きを低下させ、毛母細胞の発生を抑制すると言われており、近年は「糖化性脱毛症」とも呼ばれます。
    また、AGEsは髪の毛の色素「メラニン」を産生する細胞「メラノサイト」の働きを抑制し、白髪の原因にもつながります。
    女性ホルモンの減少
    FAGA(女子男性型脱毛症)が近年増加傾向にあります。
    FAGAは、加齢による女性ホルモンの減少が引き起こす男性ホルモンへの影響と5αリダクターゼが原因と言われています。
    17型コラーゲンの産生を促進
    加齢とともに17型コラーゲンが不足すると、髪の原料を生み出す毛根幹細胞や髪を黒くするメラニンを生み出す色素幹細胞が消失し、薄毛・白髪になります。
    17型コラーゲンは人工的に作り出すことができないため、植物由来のマジョラムエキスによって体内で17型コラーゲンの産生を促します。
  6. ホームケア

    年齢による頭皮のお悩みに
    年齢を重ねることで気になり始めた頭皮のお悩みがある方は、育毛ヘッドスパをより効果的なものにしていただくため、マジョラムエキスを配合したホームケア用品をお薦めします。
    より美しく年齢を重ねるためのエイジングケアです。
    成分
    水、エタノール、BG、ペンチレングリコール、マヨラナ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、ビワ葉エキス、乳タンパク(牛乳)、ダイズ種子エキス、クオタニウム-51、イノシトール、アセチルシステイン、アセチルメチオニン、パンテニルエチル、加水分解ケラチン(羊毛)、アラントイン、EDTA-2Na、乳糖(牛乳)、メントール、カルボマー、ヒドロキシプロピルセルロース、デキストラン、水酸化Na、メチルパラベン、香料

担当スタッフ